現在、当Wikiからの広告料収入による活動資金捻出について実証実験を行っております。
ご協力、よろしくお願いします。

田淵正文

提供:日本会議Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

田淵 正文(たぶち まさふみ、1958年(昭和33年) 6月25日-)は、日本消化器内科医、政治家東京女子医科大学東京大学医科学研究所講師

田淵 正文
生年月日 1958年(昭和33年) 6月25日
出生地 岡山県岡山市
出身校 東京大学 医学部
所属政党 日本維新の会
公式サイト たぶち正文 オフィシャルサイト

日本消化器内視鏡学会会員 指導医

医療法人社団至楽生会 理事長
テンプレートを表示
目黒区長選挙出馬時

来歴

1958年岡山市生まれ。男ばかりの3人兄弟の3番目。 実家は、第二次世界大戦後の貧困が続いており、幼少の頃から家計を助けるため養鶏卵を売る手伝いを行う。[1] 1978年4月東京大学理科3類入学。1984年3月東京大学医学部医学科卒業。

東京大学医学部附属病院内科系研修医を経て、国家公務員等共済組合東京共済病院内科(常勤医)。1989年東京共済病院内科医長。1991年5月中目黒消化器クリニック開設。がん撲滅の会 理事長。

東京共済病院内科(非常勤)兼務(‐1995.3)。1996年東京女子医大(非常勤講師)兼務(‐2003.4)。1997年東京大学医科学研究所講師兼務(‐2002.3)。2002年東京大学腫瘍外科講師(‐2012.3)などを歴任している。

以下経歴
1958年 岡山県岡山日赤病院にて生まれる。
1971年 岡山市達弘西小学校 卒業
1974年 岡山大学教育学部付属中学校 卒業
1977年 岡山県立岡山芳泉高等学校 卒業
1978年 東京大学理科Ⅲ類 入学
1984年 東京大学医学部医学科 卒業 医師国家試験 合格 東京大学医学部付属病院内科系研修医
1986年 国家公務員等共済組合東京共済病院内科
1989年 同 内科医長
1991年 中目黒消化器クリニック開業、東京共済病院内科 兼務(~1995年)
1996年 東京女子医大(非常勤講師) 兼任(~2003年)
1997年 東京大学医科学研究所講師 兼任(~2002年)
2002年 東京大学腫瘍外科講師 兼務(~2012年)
2014年 内閣府独立行政法人日本医療研究開発機構客員調査員 兼務

医師として

がんの早期発見と治療に貢献[2]

大腸腫瘍には隆起型のものばかりではなく平坦・陥凹型も多数あることを発見。

そして、隆起型や平坦・陥凹型のがん遺伝子が異なることを発見。

内視鏡的粘膜切除術を大腸に初めて応用し、多数の陥凹型大腸腫瘍を完全な形で内視鏡的に切除。内視鏡本体から挿入方法、麻酔まで、自らすべてを開発した「無痛内視鏡」を駆使、痛みを感じさせない大腸ポリープ切除を実施。[3]

拡大電子内視鏡をもちいたピットパターン診断法を開発。

84年医師国家試験に合格して、消化器分野の専門医師としてのキャリアをスタート。87年無痛内視鏡検査法としてストレイト法を、89年には拡大内視鏡の開発を行い、僅か1㎜のガンも臨床診断、内視鏡下で切除できる方法を開発した。89年には東京共済病院の内科医長に抜擢され、30代の頃より消化器内視鏡の分野では日本の第一人者として活躍。その後も大腸内視鏡分野での研鑽を積み、92年には世界で初めて電子内視鏡を用いたピットパターン診断に関する論文を発表、この分野では世界的に注目される存在となった。96年には内視鏡で大腸逢着に成功、内視鏡的粘膜下層剥離術開発に繋がる術式を開発した。大腸で磨いた技術と色素拡大内視鏡の技術を応用し、上部消化管内視鏡検査にも積極的に取組み、ピロリ菌除去によるガン撲滅を推奨している。パレット腺癌の発見方法については世界的にも注目され、世界中の大学で講演や内視鏡のライブデモを行った。

91年に中目黒消化器クリニックを開業し、数多くの臨床をこなすと同時に東京大学東京女子医大等の講師として後進の育成にも積極的に取組み、内視鏡技術を学んだ多くの医師を育てる。

2003年には、明仁天皇(現上皇)皇后美智子(現上皇后)両陛下の大腸内視鏡検査を行った。[4]

2021年4月、新型コロナウイルス感染症COVID-19)を防ぐPCR検査ポリメラーゼ連鎖反応)を行うPPCR検査センターを自社ビルに設立。 足掛かりに、日本の最高頭脳と最高技術を導入した、アメリカ疾病予防管理センターの日本版となる司令塔を作る準備に取り掛かかる。


政治家として

2016年4月24日、衆議院議員総選挙補欠選挙京都府第3区無所属立候補落選[5] 2017年10月22日、第48回衆議院議員選挙比例代表制東京ブロック希望の党立候補落選[6] 2020年3月、日本維新の会所属議員として4月12日告示、4月19日投票の目黒区長選挙予定候補者として立候補にあたって、5つの政策を掲げるのみならず、「目黒を変える!100の政策提言」として100にも及ぶ提言内容を発表したが落選[7]

現在は、衆議院議員総選挙東京都第5区支部長に就任。[8]


人物

中学3年の時には「山陽放送創立20周年記念事業」として岡山県下中学生アメリカ派遣のメンバーに選抜。当時としては珍しく貴重な事業である。

高校時代から将棋に精通し県の高校将棋名人に2回、全国ベスト8、ベスト4の成績を残す。将棋五段。東京大学在学中は、将棋部の主将として全国大会優勝を経験するセミプロ十五世名人大山康晴とは、同郷のよしみで実戦で対局していた将棋盤を授与されたこともある。 妻、百合は、佐賀藩藩主だった鍋島氏の出自。

出演・インタビュー


著書

『私は、“ガンで亡くなる方の2人に1人は救えた!”と考えています』 2013年8月17日初版(アスカビジネス)

脚注

  1. 令和の野口英世と呼ばれたマンガ「たぶち正文の挑戦」立志編” (日本語). Googleプロフィールより. 2020年4月7日閲覧。
  2. がんの早期発見と治療に世界的貢献” (日本語). たぶち正文オフィシャルサイト. 2020年4月7日閲覧。
  3. 【ブラックジャックを探せ】安全で痛くない内視鏡検査” (日本語). 健康・医療 - ZAKZAK. 2021年9月4日閲覧。
  4. 天皇皇后両陛下の大腸がんの芽を摘む名医(日本が誇るトップドクター)” (日本語). Googleプロフィールより. 2020年4月7日閲覧。
  5. 衆議院議員補欠選挙 2016年4月24日投票 京都3区” (日本語). 政治山. 2021年9月4日閲覧。
  6. 第48回衆議院議員選挙 - 2017年10月22日投票 比例・東京ブロック 希望の党” (日本語). 政治山. 2021年9月4日閲覧。
  7. 目黒区長選挙結果” (日本語). たぶち正文オフィシャルサイト. 2021年9月4日閲覧。
  8. 維新が次期衆院選候補 東京5区と大阪2区” (日本語). 日本経済新聞. 2021年9月4日閲覧。
  9. 「イベルメクチン」発見者・大村智博士が訴える「特例承認すべき」 国内でも服用患者は「あっという間に治った」」” (日本語). 週刊新潮. 2021年9月4日閲覧。
  10. バリウム検査で妻失った男性「何をいってもあいつは戻らない」” (日本語). NEWSポストセブン. 2021年9月4日閲覧。
  11. 保険外でも質の高い治療 自由診療という選択肢」” (日本語). 日本経済新聞. 2021年9月5日閲覧。
  12. 5mm以下の大腸ポリープの一律軽視は禁物” (日本語). 日経メディカル. 2021年9月5日閲覧。

関連項目・外部リンク